不動産ニュース / 開発・分譲

2017/10/24

野村不、青梅に大規模物流施設

 野村不動産(株)は24日、大規模高機能型物流施設「(仮称)Landport青梅I」(東京都青梅市)を着工した。

 同施設は、旧東芝青梅工場跡地(約11ha)の再開発事業として、同敷地を3分割し建設する。同社のLandportシリーズ第14弾で、日野自動車(株)が1棟借り上げして部品センターとして利用する。

 圏央自動車道「青梅インターチェンジ」から2.5kmに位置。敷地面積約3万9,000平方メートル、延床面積約6万1,000平方メートル、鉄筋コンクリート・鉄骨造地上3階建て。入居テナントの要望をあらかじめ組み入れたBTS型施設。

 2階へのスリーブを設け、1.2階で同時に10t車72台の接車が可能。1フロア6,000坪を確保するほか、中間層への床設置(メザニン床)を可能としており、季節変動や将来拡張に対応する。JR青梅線「小作」駅徒歩10分に位置し、施設内に350人が使用できるカフェテリアを設けるなど、従業員に快適な労働環境を提供する。竣工は2018年11月末。

 なお、同施設に続く「Landport青梅II」「Landport青梅III」も、BTS型施設として来春以降開発する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/1

「海外トピックス」更新しました!

ロサンゼルス国際空港、半世紀ぶりの大改修【アメリカ】」を配信しました。
2028年にオリンピックの開催が予定されるロサンゼルス。その玄関口であるロサンゼルス国際空港は、鉄道やモノレールの乗り入れがなく、近辺にレンタカー店さえないなど、観光客にとってはきわめて不便な造りになっているそう。そこで現在、およそ半世紀ぶりとなる大規模なリニューアル工事が進められています。