不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/1/24

首都圏大型物流施設の空室率、4.9%に低下

 シービーアールイー(株)(CBRE)は23日、2017年第4四半期における、三大都市圏の賃貸大型物流施設の市場動向を発表した。調査対象は、開発当時に複数テナント利用を前提として企画・設計された施設。首都圏・近畿圏は延床面積1万坪以上、中部圏は5,000坪以上の物件で、対象物件数は首都圏118棟、近畿圏30棟、中部圏19棟。

 首都圏の大型マルチテナント型物流施設の空室率は、4.9%(前期比0.9ポイント低下)に低下。15年第3四半期以来9四半期ぶりに、空室率が5%を下回った。竣工1年以上の空室率も1.4%(同0.8ポイント低下)に低下。空室率は首都圏の4エリアすべてで低下した。実質賃料指数は、1坪当たり4,070円(同20円増)。
 首都圏では、18年第1四半期に20万2,000坪の新規供給が予定されていることから、空室率は上昇に転じ、18年は年間を通して7~8%程度で推移すると予想している。

 エリア別では、東京ベイエリアが6.2%(同1.9ポイント低下)、外環道エリアが1.4%(同0.5ポイント低下)、国道16号エリアが1.4%(同0.7ポイント低下)、圏央道エリアが17.8%(同1.6ポイント低下)。全エリアで空室率が低下した。実質賃料指数は3,500円(同50円減)。

 近畿圏は、前期にいったん低下したものの、今期は再び上昇し19.6%(同3.9ポイント上昇)に。日本最大級の物流施設が空室を残して竣工したことが主因。実質賃料指数は3,530円(同変化なし)だった。

 中部圏の空室率は5.4%(同8.8ポイント低下)と急速に低下。17年に新規竣工した物流施設計8棟のうち7棟が、竣工から1年以内に満床となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。