不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2018/2/13

AM事業好調で増収増益/ケネディクス17年12月期

 ケネディクス(株)は9日、2017年12月期決算(連結)を発表した。

 当期(17年1月1日~12月31日)は、売上高263億4,900万円(前年同期比15.8%増)、営業利益122億8,500万円(同28.9%増)、経常利益114億5,500万円(同7.7%増)、当期純利益105億1,600万円(同3.6%増)。

 アセットマネジメント事業は、受託資産が拡大し、アセットマネジメントフィーが増加。営業収益120億6,000万円(同44.5%増)、営業利益79億1,400万円(同49.3%増)となった。

 不動産管理事業は、プロパティマネジメント事業の拡大により、営業収益28億4,500万円(同18.7%増)、営業利益7億9,800万円(同24.6%増)に。

 不動産運営事業は、サービスオフィス事業の業績は堅調に推移したものの、サービスアパートメント事業における運営物件の減少や修繕による稼働貸室数減少等が影響し、営業収益は34億2,900万円(同5.2%減)、営業損失は2億6,300万円(前年同期は4,200万円の営業損失)となった。

 不動産投資事業は、連結対象不動産の売却に伴い賃料収入が減少した一方で、投資回収が順調に推移。営業収益84億6,000万円(前年同期比6.0%減)、営業利益47億9,900万円(同1.5%増)となった。

 次期については、売上高567億円、営業利益123億円、経常利益117億円、当期純利益106億円を見込む。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年2月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/1/18

「記者の目」更新しました

減るなら作ろう「京町家」」を更新しました。
昔ながらの佇まいが外国人観光客からも人気な「京町家」だが、現代の住まいに求められる要素が無く、古くからものは既存不適格物件であることなどから、その数は激減し絶滅寸前だ。そこで、(株)八清は京町家の新築分譲プロジェクトをスタート!京町家の再生を進めている。