不動産ニュース / リフォーム

2018/5/28

リノベ新ブランド、立川にモデルルーム

前
リノベ工事前のモデルルーム
後
リノベ後のモデルルーム。最新鋭のIoT機器等を盛り込み、デザインと機能性を両立した

 ブランディング事業やリノベーションブランド運営を手掛けるROSETTA(株)(東京都立川市、代表取締役:木村英寛氏)は26日、リノベ新ブランド「bento」の初弾モデルルームをグランドオープンした。

 同ブランドは、築古物件をリノベし、家具家電付きで販売するビジネスモデルで展開予定。「弁当箱のように限られたスペースを美しく活用する」ことを目指す。厳選したIoT機器や家具を狭小住宅に配置することでデザイン性と機能性を両立する。

 今回オープンした初弾モデルルームは、「bento bianco 立川」(東京都立川市)。西武鉄道拝島線他「玉川上水」駅より徒歩4分の全19棟・660戸ある団地の1室。建物は築46年の鉄筋コンクリート造地上5階建て。専有面積46.27平方メートルの1LDK。家具家電を含む参考価格は3,480万円。

 携帯GPSに連動した照明を導入し、ドアを開けると自動点灯するほか、遠隔操作できるエアコンと自動湿度調整によって快適な室温を保つ。暗く狭いバスルームは太陽光を完全再現した人工天窓で明るくした。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。