不動産ニュース / イベント・セミナー

2018/6/11

「インスペクションの留意点」テーマにセミナー

 

インスペクションの留意点について語る(株)ときそう代表取締役・吉野荘平氏

 (一財)不動産適正取引推進機構は8日、すまい・るホール(東京都文京区)で第106回講演会を開催した。

 (株)ときそうの代表取締役・吉野荘平氏が「不動産実務におけるインスペクションの留意点」をテーマに講演。「媒介契約締結時」「重要事項説明時」「売買契約締結時」の3点について要点を解説した。

 「媒介契約締結時」については、売り主が宅建事業者を通さずにインスペクションを行なっている場合があるため、宅建事業者は必ず売り主へその有無を確認し、重要事項説明時の記載ミスを防止すべきだと語った。
 次の「重要事項説明時」に際しては、調査報告書に書かれた調査部位の劣化が「有」であった場合、「宅建事業者から、調査会社が詳細説明をしてくれるか確認を取るべき」とした。また、「1年以上前に行なった建物状況調査の結果が現在の適合性を証明するものではないので、有効にはならないが、重大な瑕疵があった場合には備考欄にその旨を書くことが無難だ」と述べた。
 「売買契約締結時」については、「売り、買い双方が確認した内容を37条書面に記載して交付するが、調査報告書が誤っている場合もないわけではない。原則調査実施者の責任になるのだが、単なる誤記などについては宅建事業者の過失となるので注意が必要」などと語った。

 最後に、さまざまな取引上のトラブルの事例を挙げながら、「インスペクションは必要かと問われることがよくあるが、やはり訴訟などのトラブルを回避するためになるべくやっておくべきだ。また、地方ではインスペクションをやってくれる資格者が足りていないという声が出ている。これからは質の高い資格者の確保がより大切になってくる」と締め括った。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。