不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/6/11

戸建て総受注棟数、再びプラスに/住団連

 (一社)住宅生産団体連合会はこのほど、2018年度第1回「住宅業況調査」(18年1~3月)結果を発表した。会員各社の支店・営業所・展示場等の営業責任者を対象に、3ヵ月ごとに住宅市場の業況感についてアンケート調査を実施。今回のアンケート数(サンプル数)は、「戸建注文住宅」が443、「低層賃貸住宅」が211。
 それぞれ総受注棟(戸)数、総受注金額について、ある四半期の実績がその直前の四半期実績と比較して、上がったか下がったかを5段階で評価したものと、次の四半期終了時点の予想実績を5段階で評価したもの。評価ポイントについては指数化されている。

 「戸建注文住宅」は、前期比(17年10~12月)で、総受注棟数がプラス24ポイント(前期:マイナス24ポイント)、総受注金額はプラス12ポイント(同:マイナス1ポイント)。いずれも前期のマイナスからプラスに転じた。
 地域別の受注棟数は、九州プラス34ポイント、関東プラス29ポイント、中部プラス28ポイント、中国・四国プラス18ポイント、北海道プラス17ポイントと、全エリアでプラスに。近畿の上下の振れ幅は今回も小さかった。受注金額は、北海道、関東、中部、九州で「上がっている」の割合が増加したが、近畿は「下がっている」が増加。中国・四国は「変わらない」が32%から64%に増加した。
 次期は、総受注棟数プラス12ポイント、総受注金額プラス10ポイントと予測。

 顧客動向では、見学会やイベント来場者数の「減少」が10%から20%に上がり、「増加」は42%から26%に下がった。エリア別では、関東と中部の「減少」割合が「増加」を上回ったが、他のすべてのエリアでは「増加」が「減少」を上回っている。

 「低層賃貸住宅」は、前期比で、総受注戸数がマイナス9ポイント(同:マイナス25ポイント)、総受注金額はマイナス8ポイント(同:マイナス19ポイント)。いずれも6四半期連続のマイナスとなった。
 地域別の受注戸数は、九州マイナス25ポイント、東北マイナス17ポイント、中部マイナス16ポイントなど、中国・四国のプラス4ポイントを除くすべてのエリアでマイナスが続いている。
 次期は、総受注戸数プラス3ポイント、総受注金額プラス5ポイントと、プラスの見通しを示した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年11月号

頻発する災害。そのとき、不動産会社の役割とは!?



<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・知っ得!営業に役立つ建築基礎講座
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/10/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2018年11月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

7月9日を中心に全国各地で観測された「西日本豪雨」。今回は、特に被害の大きかった岡山県、広島県を取材してきました。ご自身も被災されている中、取材に協力してくださった皆さまに大変感謝いたします。近年災害が多く気が滅入りますが、現地の様子や対応が広く広がり、今後の知見として役立てばせめてもの救いになるのではないでしょうか。ぜひ、ご参考ください。