不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/6/14

首都圏分譲マンション賃料、小幅に上昇

 (株)東京カンテイは14日、2018年5月の三大都市圏分譲マンション賃料推移を発表。分譲マンションが賃貸された場合の募集賃料を、1平方メートル当たりに換算して算出した。

 同月、首都圏の分譲マンション1平方メートル当たり平均賃料は、2,772円(前月比0.4%上昇)と、小幅に上昇した。賃料水準が高い東京都での事例シェアが引き続き拡大した影響によるもの。都県別でみると東京都3,337円(同0.1%低下)、埼玉県1,622円(同0.2%低下)でわずかに弱含み、神奈川県2,168円(同0.7%低下)、千葉県1,554円(同0.7%低下)では引き続き下落した。

 近畿圏は、1,858円(同0.2%低下)。大阪府が2,212円(同0.4%上昇)で、大阪市が押し上げる形で4ヵ月ぶりにプラスに転じた。兵庫県は1,654円(同0.3%低下)で弱含むも高水準は維持した。

 中部圏は1,756円(同1.2%低下)、愛知県は1,797円(同1.2%低下)で、ともに2ヵ月続けて1%以上の下落に。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

賃料

賃貸借契約によって賃借人が支払う対価をいう。特約がない限り後払いである。また、地代・家賃については、事情変更による増減請求権が認められている。なお、借主が実質的に負担するのは、賃料に保証金、預かり金等の運用益を加えた額(実質賃料)である。また、共益費など賃料以外の負担を求められることも多い。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年12月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・知っ得!営業に役立つ建築基礎講座
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/11/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2018年12月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

特集は、毎年恒例の人気企画「活躍する地場企業の戦略を探る―2018」。今年は北海道から沖縄まで、11社を取り上げました。「海外での実務経験」や、「大学前の立地」を活かした顧客のターゲティングや、「京町屋専門仲介・管理」など専門特化型など、各社、さまざまな取り組みをしています。