不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/7/12

東京主要5区、ビル空室率2.68%まで低下

 (株)ビルディング企画は9日、2018年6月度の全国6大都市圏(東京、名古屋、大阪、福岡、札幌、仙台)の主要エリアにおけるオフィスビル市況調査の結果を発表した。調査対象は、空室率が基準階床面積100坪以上の事務所ビル、推定成約賃料が同100~300坪の事務所ビル。

 東京主要5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の平均空室率は2.68%(前月比0.16ポイント低下)となり、2ヵ月連続の2%台となった。区別では、千代田区2.06%(同0.01ポイント低下)、中央区5.67%(同0.06ポイント上昇)、港区2.63%(同0.44ポイント低下)、新宿区1.52%(同0.11ポイント低下)、渋谷区1.00%(同0.08ポイント低下)と中央区以外で改善した。

 1坪当たりの推定成約賃料は、2万736円(同255円上昇)。港区でハイグレードビルの二次空室が募集されたことと、比較的安価なビルの成約が多かったため賃料も上昇傾向に。

 その他の都市は、名古屋は空室率2.64%(同0.04ポイント低下)・坪当たり推定成約賃料1万93円(同202円下落)、大阪が2.22%(同0.21ポイント低下)・9,492円(同33円上昇)、福岡が1.96%(同0.07ポイント上昇)・1万1,690円(同275円下落)、札幌が2.61%(同0.02ポイント上昇)・8,001円(同45円上昇)、仙台が4.03%(同0.51ポイント低下)・9,585円(同327円上昇)となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年1月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/12/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2019年1月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

デジタル技術の発展は、日進月歩の世界。不動産業界でも近年、そうした技術を活用する動きがみられますが、果たして不動産業務はどう変わっていくのでしょうか?今回は、巻頭のグラビアページ「流通フラッシュ」と、特集で各社の取り組みを紹介します。
また、短期連載「郊外住宅団地の再生・活性化策を探る」もスタート!建物の老朽化や入居者の高齢化等の課題を抱える大規模住宅団地は少なくありませんが、URや住宅供給公社ではハード・ソフトの両面から課題解決を進めています。初回は「入居者の高齢化問題」にスポットを当て、取り組みをレポートします。