不動産ニュース / 団体・グループ

2018/10/10

地銀の不動産仲介業務解禁に断固反対/全宅連

 (公社)全国宅地建物取引業協会連合会は10日、(一社)全国地方銀行協会が内閣府に要望した「不動産仲介業務の解禁」に対して、断固反対の意向を同会会長・坂本 久氏の名義で示した。

 9月12日、全国地方銀行協会が内閣府に提出した「環境変化を踏まえた業務範囲規制の見直しに関する要望書」を踏まえたもの。同要望書には、銀行および銀行子会社・兄弟会社における不動産仲介業務の解禁などが盛り込まれている。同様の要望は毎年出されていたが、これまでは中小宅建業者へ配慮した対応がされてきた。しかし、今回、金融庁が検討する姿勢を示したという情報を得たことから、改めて反対の意やその理由等、協会の見解を出した。

 同協会は「中小零細業者が大半を占める宅建業に、銀行が参入すれば、膨大な顧客情報等による宅建業の公正な競争の阻害、不適切な融資等による銀行経営健全性の崩壊などが予想できる」とし、「宅建業者の存立が難しくなるようなことがあれば、地域の雇用創出、空き家をはじめとする地域不動産流動化による地方経済の活性化といった地方創生の取り組みも滞る恐れがある」としている。

 今後の推移次第では、全国宅建政治連盟などと協力しながら、必要に応じ、内閣府や金融庁へ要望を出していく。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。