不動産ニュース / 開発・分譲

2019/2/4

森トラスト、「神谷町トラストタワー」を上棟

複合施設「神谷町トラストタワー」(中央、1月下旬撮影)

 森トラスト(株)は2日、オフィス、ホテル、住宅、医療・商業施設等からなる複合施設「神谷町トラストタワー」(旧建物名称「虎ノ門トラストタワー」から名称変更)を上棟した。

 同社が東京都港区虎ノ門において開発を推進している国家戦略特別区域特定事業「東京ワールドゲート」(街区名称)の核となる施設。「東京ワールドゲート」は、総開発面積約1.6ha。世界と日本のゲート機能を担うことを目指し「快適」「洗練」「多様」「交流」をキーワードに、多彩なビジネス・交流機能を複合したプロジェクト。

 「神谷町トラストタワー」は、地上38階建て。延床面積約19万5,100平方メートル。3~30階は超大型フロアプレート(約1,200坪)の無柱空間を有するオフィスを配置。31~36階には、マリオット・インターナショナルのラグジュアリー・ライフスタイルホテルブランド「EDITION」が日本初進出。サービスアパートメントも用意する。37・38階はレジデンスで、最上階にはホテルサービス付き最高級分譲レジデンスを設置。上質な空間とサービスを提供する。1・2階にはショップやレストラン、医療施設、ラウンジ、カンファレンス等を集約する。

 竣工は2020年3月の予定。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。