不動産ニュース / 開発・分譲

2019/3/6

名古屋・錦二丁目でタワマン着工

「名古屋・錦二丁目7番第一種市街地再開発事業」イメージ

 野村不動産(株)と旭化成不動産レジデンス(株)、エヌ・ティ・ティ都市開発(株)、(株)長谷工コーポレーションは6日、愛知県名古屋市の伏見・錦二丁目エリアで進めている「名古屋・錦二丁目7番第一種市街地再開発事業」の新築工事に着工した。

 地下鉄桜通線・鶴舞線「丸の内」駅、および地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」駅徒歩3分。名古屋市が推進している、名古屋駅地区と栄地区の2核を広小路通などの東西軸で結節させ、回遊性を向上させる「2核1軸構想」の伏見エリアに位置する。

 同エリアは空きビルや駐車場が増加し、まちの空洞化が進んでいたが、地元主体で「これからの錦二丁目長者町まちづくり構想2011~2030」(まちづくり構想)を策定するなど、複合市街地としてのまちづくりの展開が期待されている。同再開発事業はまちづくり構想のリーディングプロジェクトという位置付け。

 計約5,000平方メートルの敷地に、住宅(360戸)・店舗・高齢者向け住宅(42戸)等で構成される地上30階地下1階建てのA棟と、駐車場、店舗の地上5階建てのB棟の2棟を建設する。

 また、錦二丁目地区のにぎわいを持続的に展開するためのエリアマネジメント活動拠点を整備するほか、人々の交流の場となる「会所」や「路地空間」を再生・創出し、低層部の連続的なにぎわいと交流、回遊性を向上させる。さらに環境負荷の低減に資する取り組みや緑豊かな都市空間を創出する。

 竣工は21年度の予定。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年4月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/3/7

「記者の目」更新しました

『ロボット』×『ビル管理』。省人化の実現へ」を更新しました。
少子高齢化、人口減少などを要因に、働き手不足が深刻化するビル管理業界。その課題解決の糸口を、最新のIT技術を駆使した「ロボット」の活用に見出す声も多い。(株)三菱地所ではここ数年、自社管理物件でのロボットの導入に向け、実証実験を重ねている。