不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/5/28

既存マンション管理費は1平方メートル188円

 (公財)東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は28日、2018年度の「首都圏中古マンションの管理費・修繕積立金」に関する調査結果を公表した。

 同年度に東日本レインズを通して成約した首都圏中古(既存)マンションの月額管理費は、1平方メートル当たり188円(前回調査(17年度)比変動なし)、1戸当たり1万2,138円(同52円増)。月額修繕積立金は1平方メートル当たり161円(同5円増)、1戸当たり1万392円(同379円増)。合計で1平方メートル当たり349円(同5円増)、1戸当たり2万2,529円(同430円増)となった。1戸当たりの月額管理費は経年するにつれて下落傾向。1平方メートル当たりの管理費・修繕規模は規模の大きさに反比例し、大規模になるほど安くなる傾向があるが、200戸以上は上昇傾向にあるとした。

 都県別の管理費では、東京都は1平方メートル当たり216円(同1円減)・1戸当たり1万3,055円(同94円増)、神奈川県は同175円(同1円増)・同1万1,713円(同52円増)、埼玉県は同154円(同変動なし)・同1万496円(同9円増)、千葉県は同146円(同変動なし)・同1万735円(同9円減)。
 修繕積立金は、東京都は同167円(同7円減)・同1万58円(同488円増)、神奈川県は同162円(同4円増)・同1万854円(同244円増)、埼玉県は同149円(同4円増)・同1万160円(同288円増)、千葉県は同151円(同4円増)・同1万1,073円(同246円増)となった。

 1平方メートル当たりの年間管理費は、成約1平方メートル単価の0.43%(同0.02ポイント減)、年間修繕積立金は0.37%(同変動なし)。合計は、0.81%(同0.01ポイント減)。1970年代と、バブル期の90年代前半に建築された物件は管理費および修繕積立金(年間)の対成約単価が高い傾向であるとした。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

税理士が、実務における税制改正の注意点を解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/5/5

「月刊不動産流通2021年6月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年6月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。
解説「令和3年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、令和3年度の税制改正の中でも不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について解説しました。実務上の留意点も紹介します。