不動産ニュース / 開発・分譲

2019/7/17

大和リース、札幌に複合商業施設

「ブランチ札幌月寒」完成イメージ

 大和リース(株)は、複合商業施設「ブランチ札幌月寒」(札幌市豊平区)を19日に一部先行オープンする。

 同事業は、北海道立産業共進会場用地売却に係る公募型プロポーザルにおいて、同社が選定されたプロジェクト。敷地面積4万4,173平方メートル、延床面積1万5,300平方メートル、鉄骨造平屋建て・鉄骨造2階建て。全37店舗の出店を予定する。

 今回、スポーツクラブや認可保育園、飲食店などを含む10店舗がオープン。施設中央には、面積約1万3,000平方メートルの回廊型の公園「コポロパ」を設置し、緑に囲まれ、水が流れる癒しの空間を創出する。

 グランドオープンは10月の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。