不動産ニュース / 政策・制度

2019/7/17

気候風土適応型PJを募集/国交省

 国土交通省は16日、「気候風土適応型プロジェクト2019」の第2回募集を開始した。

 伝統的な住文化を継承しつつも、環境負荷の低減を図るモデル的な住宅建設に対し、国が費用の一部を補助する。

 主な事業要件は、(1)地域の気候風土に応じた木造建築技術を活用していること、(2)現行の省エネルギー基準では評価が難しい環境負荷低減に寄与する複数の対策を行なうこと、(3)有識者による評価委員会により、長期優良住宅または低炭素住宅と同程度に良質であると評価をされること。

 補助対象費用は、住宅の建設工事費のうち、地域の気候風土に応じた木造住宅の建築技術・工夫による低炭素化に係る先導的な技術を導入した場合と導入しない場合の工事費の差額。補助率は補助対象費用の2分の1。補助限度額は建設工事費全体の10%または1戸当たり100万円のうち少ない方に相当する額など。

 応募方法は、9月2日までに提案書を郵送により提出する。詳細はホームページ参照。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.373 変わる食の風景と「ニュー・ノーマル」【マレーシア】」配信しました!
マレーシアは「外食天国」と呼ばれるほど、飲食店が多い国。開放的な簡易食堂や集合屋台、フードトラックなどなど、その業容のさまざま。しかし、コロナ禍で飲食をめぐる環境が一変。現地ライターがレポートします。