不動産ニュース / IT・情報サービス

2019/8/22

投資・事業用物件の紹介業務効率化/野村不UN

 野村不動産アーバンネット(株)は22日、投資用・事業用物件の売買業務において、リマールエステート(株)が提供する不動産売買支援クラウドサービス「Kimar(キマール)」を試験導入したと発表した。

 「Kimar」は、物件情報と購入希望顧客情報を一元管理できる不動産売買の業務支援サービス。クラウド経由で簡単に物件情報をやり取りできるため、業務効率化につながる。今後は、顧客ごとに紹介した物件と検討結果のデータを基に、AIを用いたレコメンドシステムで顧客が希望する物件情報をスピーディーに提供する機能も搭載する予定。

 野村不動産アーバンネットでは、これまで、投資用・事業用の物件売却情報の多くをインターネット等の媒体ではなく、メール・電話・FAX・訪問等、営業担当者がアナログな方法で紹介していた。そのため、紹介には時間もかかり、対応できる顧客数も限定されていたが、同サービスの導入によりこうした課題の解決を期待している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。