不動産ニュース / 開発・分譲

2019/10/24

渋谷スクランブルスクエア東棟が竣工/東急他

「渋谷スクランブルスクエア」外観イメージ
屋上展望施設「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」からの眺望。屋根がないため、空と一体になった空間で景色を楽しむことができる

 東急(株)、東日本旅客鉄道(株)、東京地下鉄(株)は24日、11月1日に開業する「渋谷スクランブルスクエア」のI期(東棟)をメディアに公開した。

 「渋谷」駅直結・直上で展開する地上47階地下7階建て、延床面積約18万1,000平方メートルの複合施設。商業施設、オフィス、産業交流施設「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」、屋上展望施設「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」で構成する。

 商業施設は、地下2階~地上14階。物販店や飲食店など213店舗が出店する。台湾料理店「参和院(さんわいん)」などの日本初上陸店が7店が出店。また、TSUTAYAの新業態で、コワーキングスペース「SHARE LOUNGE」を含む「TSUTAYA BOOKSTORE 渋谷スクランブルスクエア」等、新業態39店も出店する。
 17~45階に位置するオフィスフロアは総賃貸区画面積が約7万3,000平方メートル。1フロア当たりの面積は最大2,900平方メートル。入居企業は、(株)サイバーエージェントやソフトバンク(株)などIT系企業が中心で、すでに満床。

 15階の渋谷キューズは、渋谷で活動する人・グループを応援する拠点として、大学をはじめとする多様な領域のパートナーと連携し、利用者の感性を刺激するプログラムを提供する。また、常在するコミュニケーターが会員同士のマッチングもサポートする。フロアは、200人規模のイベントが行なえる「SCRAMBLE HALL」、コワーキングスペース「CROSS PARK」等で構成。会員制で、1人利用は月会費2万5,000円、3人以上のグループでの利用は月会費1万5,000円。渋谷の魅力発信等につながるような企画の提案を募集、審査に通ったプロジェクトの提案者は3ヵ月間無料で施設を利用できる取り組みも行なう。「開業前の1回目の募集では33グループから応募があり、80歳代の方からの応募も。面白いプロジェクトが形になっていくことに期待したい」などと話した。

 渋谷スカイは、受け付け階から施設まで、天井に設置されたLEDの映像により「上っていく」体感ができるエレベーターを設置した。渋谷エリア最高峰の230mから、パノラマビューを楽しむことができる開放的な空間とした。

 24日会見した渋谷スクランブルスクエア代表取締役社長の高秀憲明氏は、「渋谷駅周辺の回遊性の向上や、防災能力の向上につながる施設となるよう開発した。それは、来街者の利便性向上だけではなく、国際競争力の強化にもつながっていくと考えている」などと挨拶した。

渋谷キューズの一部「PLAY GROUND」。他のフロアより柔らかい床となっており、直接座ってヨガ等の体操を行なうこともできる
渋谷キューズの一部「SCRAMBULE HALL」。200人収容できるイベントスペース

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。