不動産ニュース / 政策・制度

2020/1/6

フラット35金利、3ヵ月連続で上昇

 (独)住宅金融支援機構は6日、取扱金融機関が提供する「フラット35」(買取型)の1月の適用金利を発表した。

 借入期間21年以上(融資率9割以下)の金利は年1.270%(前月比0.060%上昇)~年1.940%(同0.070%上昇)。取扱金融機関が提供する金利で最も多い金利(最頻金利)は、年1.270%(同0.060%上昇)。3ヵ月連続で上昇した。

 借入期間が20年以下(融資率9割以下)金利は年1.220%(同0.060%上昇)~年1.890%(同0.070%上昇)。最頻金利は年1.220%(同0.060%上昇)と4ヵ月連続で上昇した。

 また、フラット50の金利は、融資率9割以下の場合は年1.560%~2.060%、9割超の場合は年1.820%~2.320%。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
協力すれば空き家が蘇る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/9/13

「記者の目」更新しました。

空き家を『バイク女子』向けシェアハウスに」配信しました。
全国各地で空き家の増加が問題となる中、独自のアイディアで空き家を再生するケースも増えてきている。そんな中、築60年超の空き家を「ガレージ付き」女性専用シェアハウスへと改修、収益物件化した事例があるという。リノベーションを手掛けた(株)Rバンクに、事業の経緯や改修工事のポイント、竣工後の反響等について聞いた。