不動産ニュース / 開発・分譲

2020/1/14

三重県に大規模マルチテナント型物流施設/ESR

「ESR弥富木曽岬ディストリビューションセンター」完成予想図

 ESR(株)はこのほど、マルチテナント型物流施設「ESR弥富木曽岬ディストリビューションセンター」(三重県桑名郡木曽岬町)の開発を発表。

 三重県道108号木曽岬弥富停車場線沿いで、国道23号「木曽岬IC」から約3km、伊勢湾岸自動車道「弥冨IC」から約11kmの、木曽岬干拓地工業用地の第一期分譲区域内に立地。名古屋港鍋田埠頭コンテナターミナルまで約13km、中部国際空港セントレアまで約46km、名古屋市中心部まで約25kmでアクセスできる場所に位置している。

 敷地面積7万9,095平方メートル、鉄筋コンクリート造・鉄骨造地上4階建て。延床面積は15万3,092平方メートル。
 1~3階に各60台、合計180台の片面トラックバースを用意。各区画には荷物用エレベーター各1基と垂直搬送機各1基を設置する。1階は低床式倉庫とプラットフォーム型の高床式倉庫を併設。小割対応の設計とし、最大20テナントに分割できる仕様とした。3~4階はメゾネット式の設計。

 倉庫、事務所、共用部へのLED照明の採用、敷地内の充実した緑化計画、太陽光パネルの設置、断熱性の高いサンドウィッチパネルの採用など、環境維持にも取り組み、CASBEE Aランクの取得を予定している。

 着工は12月、竣工は22年4月の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

BTS型・マルチテナント型(物流施設の〜)

物流施設の種類は、その性格によって、大きくBTS型とマルチテナント型に分けることができる。(1)BTS型特定のテナントの要望に応じてオーダーメイドで建設され、賃貸される物流施設。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?