不動産ニュース / ハウジング

2020/2/21

LIXIL住研、北海道・江別で地域再生PJ

 (株)LIXIL住宅研究所は、省エネ特許や北方型建築設計に関して深い知見を持つ建築ベンチャーであるパッシブホーム(株)(札幌市北区、代表取締役会長兼社長:川多宏也氏)と協働。3月5日から北海道江別市の地域再生・地域開発プロジェクトを開始する。

 パッシブホームは、同市内において商業・オフィス・住宅の3エリアで構成する総合開発プロジェクトを進めており、すでに、商業エリアとして「江別蔦屋書店」を開業・運営している。LIXIL住研は住宅エリアの開発にあたり、参画することになった。プロジェクト開始に合わせてパッシブホームとライセンス契約を締結。同社オリジナルの北方型仕様の商品や、将来的な全国展開を見据えた住宅、持続可能な住宅の開発を進めていく。

 省エネ建築やZEHに関する両社の技術と知見を組み合わせ、さらに有識者や学識者も交えて「北方型仕様パッシブ設計住宅」のモデルハウスを建設する。また、分譲に際しては建築条件を付けて販売していく予定。LIXIL住研では、今回のプロジェクトをきっかけに、同エリアを北海道で同社の技術等を発信する拠点にする。

この記事の用語

ZEH

年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量がおおむねゼロ以下となる住宅。ZEHは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称で、和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。