不動産ニュース / ハウジング

2020/2/21

LIXIL住研、北海道・江別で地域再生PJ

 (株)LIXIL住宅研究所は、省エネ特許や北方型建築設計に関して深い知見を持つ建築ベンチャーであるパッシブホーム(株)(札幌市北区、代表取締役会長兼社長:川多宏也氏)と協働。3月5日から北海道江別市の地域再生・地域開発プロジェクトを開始する。

 パッシブホームは、同市内において商業・オフィス・住宅の3エリアで構成する総合開発プロジェクトを進めており、すでに、商業エリアとして「江別蔦屋書店」を開業・運営している。LIXIL住研は住宅エリアの開発にあたり、参画することになった。プロジェクト開始に合わせてパッシブホームとライセンス契約を締結。同社オリジナルの北方型仕様の商品や、将来的な全国展開を見据えた住宅、持続可能な住宅の開発を進めていく。

 省エネ建築やZEHに関する両社の技術と知見を組み合わせ、さらに有識者や学識者も交えて「北方型仕様パッシブ設計住宅」のモデルハウスを建設する。また、分譲に際しては建築条件を付けて販売していく予定。LIXIL住研では、今回のプロジェクトをきっかけに、同エリアを北海道で同社の技術等を発信する拠点にする。

この記事の用語

ZEH

年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量がおおむねゼロ以下となる住宅。ZEHは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称で、和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。