不動産ニュース / 不動産金融・証券化

2020/2/27

愛媛県でまちづくりファンド設立

 国土交通省と(一財)民間都市開発推進機構は26日、伊予銀行との間で「大洲まちづくりファンド」を設立した。

 2017年度より開始した、地域金融機関と連携して、一定のエリアをマネジメントしつつ、地域の課題解決に資するリノベーション等の民間まちづくり事業を連鎖的に進めるため、事業へ出資等を行なう「マネジメント型まちづくりファンド支援事業」の一環。

 伊予銀行は、中期経営計画の中で「地方創生への積極的なコミットメント」を基本方針の一つとし、事業承継や地域資源の活用などの地域創生を推進している。今回設立したファンドでは、これらの活動と連携しつつ、民間まちづくり事業を資金面で支援していく。

 ファンド総額は2億円(伊予銀行:1億円、民都機構:1億円)。対象エリアは愛媛県大洲市内の肱南地区、肱北地区、新谷地区において設定される一定のエリア。対象事業は、町家、古民家等をリノベーション等により活用し、宿泊施設、飲食施設、物販施設等を整備・運営することで地域の課題解決に資する事業。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

政府系ファンド

政府が資金を出資して投資活動を行なうための組織をいう。ソブリン・ウエルス・ファンド(SovereignWealthFund、SWF)ともいわれる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年5月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

法律の専門家が、改正民法における実務上の注意点をQ&A方式で分かりやすく解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/4/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年5月号」が好評発売中!ご購入は弊社ショップサイトから。
解説「民法改正 ここだけは押さえておこう!10のポイント」では、法律の専門家が、改正法における実務上の注意点についてQ&A方式で分かりやすく解説。編集部レポート「『二地域居住』『ワーケーション』で地方創生」では、近年注目を浴びるデュアルライフやワーケーションのニーズに応えつつ、地域へヒト・モノの誘致を図る取り組みを実践する事業者を取材しました!