不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/3/18

令和2年地価公示、全用途平均5年連続の上昇

 国土交通省は18日、令和2年地価公示を発表した。調査地点は全国2万6,000地点。

 令和2年1月1日時点の地価変動率は、全用途平均で1.4%上昇(前年1.2%上昇)と、5年連続での上昇となった。住宅地は0.8%上昇(同0.6%上昇)で3年連続、商業地は3.1%上昇(同2.8%上昇)で5年連続の上昇、いずれも上昇基調を強めている。

 三大都市圏では、全用途平均が2.1%上昇(同2.0%上昇)。住宅地は1.1%上昇(同1.0%上昇)、商業地は5.4%上昇(同5.1%上昇)といずれも上昇。地方圏は、全用途平均が0.8%上昇(同0.4%上昇)。住宅地は0.5%上昇(同0.2%上昇)と2年連続の上昇。商業地は1.5%上昇(同1.0%上昇)で3年連続の上昇だった。地方4市(札幌、仙台、広島、福岡)を除くその他の地域でも全用途平均・商業地が平成4年以来28年ぶりに上昇。住宅地も平成8年から続いた下落から横ばいとなった。

 住宅地は、全国的に雇用・所得環境の改善が続く中で、低金利環境の継続や住宅取得支援施策等によって需要が下支えされ、交通利便性や住環境の優れた地域を中心に堅調な需要がみられた。また、商業地については、景気回復、良好な資金調達環境の下、人材確保を目的としたオフィス需要が堅調で、空室率の改善・賃料上昇が継続。外国人観光客の増加等によるホテル進出、交通インフラの整備・再開発の進展による利便性・繁華性の向上などがプラス要因となって需要が拡大している。

 都道府県別でみると、住宅地で変動率がプラスとなったのは20都道府県(同18都道府県)、1%以上のマイナスだったのは2県(同7県)だった。商業地は変動率がプラスとなったのが24都道府県(同22都道府県)で、1%以上の下落率を示したのは島根県のみ(同8県)だった。

 今回最も上昇した地点は、住宅地が北海道虻田郡倶知安町字山田83番29で44%の上昇となった。商業地も北海道虻田郡倶知安町南1条西1丁目40番1外で、上昇率は57.5%だった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

地価公示

最も代表的な土地評価である地価公示は、地価公示法にもとづき、国土交通省土地鑑定委員会が毎年3月下旬に公表する土地評価である。地価公示では全国で選定された3万数千地点の「標準地」について、毎年1月1日時...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。