不動産ニュース / 政策・制度

2020/4/7

先進技術活用した木造先導事業の募集開始

 国土交通省は3日、令和2年度「サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」の第1回提案募集を開始した。

 同事業は、構造・防火および生産システムの面で先導的な設計・施工技術の普及と低炭素社会の実現に貢献することを目的として、「木造先導プロジェクト」と題して、先導的な技術を導入した木造住宅・建築物のリーディングプロジェクトを支援するもの。

 対象は(1)一般建築物と(2)木造実験棟の2分野。(1)は、先導的な設計・施工技術を導入して一定規模以上の建築物の木造化を実現する事業を、(2)についてはCLT(直交集成板)等の新たな木質建築材料を使った工法等の建築実証と居住性能等の実験を対象として、その費用の一部を国が助成する。

 詳細については評価事務局((一社)木を活かす建築推進協会内)ホームページを参照。募集期間は5月19日まで。学識経験者で構成する評価委員会の評価結果を踏まえて7月中旬をめどに採択を行なう。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

CLT

木材板を積層接着した厚型のパネル。英語のCrossLaminatedTimberの略で、和訳は「直交集成板」である。CLTは、板の層を繊維方向が直交するように交互に張り合わせたもので、高い寸法安定性、優れた断熱性があるほか、CLTを柱や梁とする構造は軽量で耐震強度を確保できるとされている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.373 変わる食の風景と「ニュー・ノーマル」【マレーシア】」配信しました!
マレーシアは「外食天国」と呼ばれるほど、飲食店が多い国。開放的な簡易食堂や集合屋台、フードトラックなどなど、その業容のさまざま。しかし、コロナ禍で飲食をめぐる環境が一変。現地ライターがレポートします。