不動産ニュース / 団体・グループ

2020/6/2

銀行の不動産仲介業参入反対で決議/全宅連

 (公社)全国宅地建物取引業協会連合会は5月29日、2020年度第1回理事会をウェブ会議で開催。銀行の不動産仲介業等への参入に関する決議を行なった。

 現在、自由民主党金融調査会内で検討されている「銀行の不動産仲介業の解禁(事業再生や事業承継に関連した不動産の仲介)」「保有不動産に係る銀行の賃貸業の自由化」について断固反対し、阻止することを決議(関連記事)。新型コロナウイルス問題により、中小・零細企業が苦境にある今こそ、銀行は企業の資金繰りを支える本来の役割に専念すべきとした。

 なお、19年度事業報告案や20年度定時総会の開催予定についても報告した。事業報告案では、「ハトマークグループ・ビジョン2020」の最終年度に向け、策定した行動計画に沿って事業の検証を進める。ハトマークグループが一体となって不動産取引の活性化に資する事業、宅地建物取引業に係るものの資質向上および消費者保護を図る事業を積極的に展開した。
 またかねてより強く要望していた譲渡所得課税の特例控除制度については、令和2年度の税制改正大綱において、低未利用地の適切な利用管理促進のための特別措置の創設というかたちで実現したと報告した。

 総会については、6月29日にホテルニューオータニ東京で開催予定だったところを新型コロナの感染拡大を踏まえ、7月29日(第一ホテル東京)に変更。可能な限り出席人数を抑制した上で行なう予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。