不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/6/30

約7割がテレワーク「継続したい」

 レンタルオフィスとコワーキングスペース事業を行なう(株)WOOCは29日、コロナ禍のテレワークに関する調査結果を発表した。実施期間は6月16・17日。20~50歳代のテレワークを行なった男女500人を対象に、インターネットで調査を行なった。

 テレワークを行なった理由は、「会社の指示」(77%)がトップで、「自主的」(20%)、「家族からの要望」(3%)と続いた。テレワークのメリットについては、「満員電車の通勤ストレスがない」(372人/複数回答、以下同)が最多。次いで、「自分の時間を多く確保できる」(281人)、「家族との時間が増える」(163人)となった。

 どこでテレワークを行なったかについては、「自宅」(90%)がトップで、「シェアオフィスやコワーキングスペース」(5%)、「カフェ等の飲食店」(4%)と続いた。「自宅」と回答した人に、在宅勤務で困ったことを聞くと、「オン・オフの切り替えができない」(215人)が最多。次いで、「作業に適したデスク、椅子がない」(185人)、「プリンタがなく印刷やFAXができない」(133人)。

 テレワークをするに当たり、自宅かコワーキングスペースのどちらがよいかについては、「自宅」が約7割となった。「自宅」派の理由は、「身なりなどを気にすることなくリラックスして仕事ができる」(181人)が最多で、「家事を行ないながら仕事ができる」(77人)、「利用料や食事などお金がかからない」(72人)と続いた。「コワーキングスペース」派の理由は、「適度な緊張感があり集中できる」(67人)がトップ。次いで、「オン・オフのメリハリがつけやすい」(65人)、「仕事に適した机や椅子がある」(66人)。

 今後もテレワークを継続したいか聞いたところ、75%が「はい」と回答した。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。