不動産ニュース / リフォーム

2020/7/13

築38年のオフィスを転貸可能なシェア型複合施設に

「TNER(トナー)」の賃貸の仕組み

 (株)リビタは、築38年のオフィスビルを1棟丸ごとリノベーション。転貸可能なシェア型複合施設「TNER(トナー)」(仙台市青葉区)として、8月1日にグランドオープンする。

 地下鉄「北四番町」駅徒歩3分に立地。鉄骨鉄筋コンクリート造一部鉄筋コンクリート造地上10階建て、敷地面積418.44平方メートル、延床面積2,073.69平方メートル。オフィス(6区画)、固定ブース(13区画)、フリーデスク(15席)、アパートメント(25戸)で構成する。同社は、事業主の(株)エコラ(仙台市青葉区、代表取締役:百田好徳氏)と仙台エリアの活性化を目指しており、同プロジェクトは、両社が手掛ける第2弾となる。

 TNERは、「借りながら貸せる」賃貸がコンセプトの複合施設。賃借人が、借りた区画を、使っていない時間を他の人に貸し出すことができる、新しい賃貸の仕組みを採用している。個人・法人問わず、使わない時間を他に貸し出した分、家賃収入となるため、時間も金も無駄にしない仕組みとなっている。また、転貸可能物件と公言することで、周辺相場より高家賃での賃貸契約に寄与し、オーナーにもメリットがある。

 「平日、固定デスクの契約者が、土日だけ二次利用者へ貸し出す」、「スモールオフィスを契約中の企業が、会議室空間を使用していない時間だけレンタル会議室として他の企業に貸し出す」、「住居スペースを借りている人が自宅を使って教室を開催」などを想定。

 月額利用料は、オフィスが7万~9万円(税抜き)、固定デスクが3万5,000円~5万5,000円、フリーデスクが1万円、ショップが15万円。

 今後は、受付にキャリアカウンセラーを採用し、入居者の仕事をはじめ、借りている区画の二次利用の相談や、入居者同士と物件利用者をつなぐことで、コミュニティの醸成や新たなビジネスへの発展を目指す。

この記事の用語

リノベーション

新築を除く住宅の増築、改装・改修、模様替え、設備の取替えや新設などの改造工事を総称してリノベーションという。リフォーム、リモデルなどとも。既存建物の耐震補強工事もリノベーションの一種である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。