不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2020/8/11

利益は過去最高更新/住友不21年3月期1Q

 住友不動産(株)は11日、2021年3月期第1四半期決算(連結)を発表した。

 当期(20年4月1日~6月30日)は、売上高3,159億5,900万円(前年同期比5.5%減)、営業利益827億6,200万円(同1.7%増)、経常利益840億5,700万円(同3.1%増)、当期純利益654億8,800万円(同17.3%増)。減収となったが、営業利益、経常利益、当期純利益は過去最高を更新した。

 不動産賃貸事業は、既存ビルの賃料上昇効果、前期竣工したビルの通期稼働が寄与し、オフィスビル事業は増収増益を確保。緊急事態宣言を受けてホテル事業やイベントホール事業は大幅な売上減となった。セグメント売上高は974億3,600万円(同0.1%増)、営業利益400億2,300万円(同4.1%減)。期末の既存ビル空室率は1.5%(前期末比0.1ポイント上昇)。

 不動産販売事業は、緊急事態宣言により営業活動を抑制したため、マンションの契約戸数が302戸(前年同期比716戸減)と激減したが、当期計上予定戸数に対する契約戸数は、約85%になるなど好調に推移。売上計上戸数は2,546戸(同411戸減)。セグメントの売上高は1,718億5,400万円(同7.5%減)、営業利益は441億8,800万円(同14.3%増)となった。完成在庫は竣工1年超が654戸(同406戸増)、竣工1年以内が851戸(同367戸減)。

 通期業績は、売上高8,800億円、営業利益2,040億円、経常利益1,900億円、当期純利益1,300億円を見込む。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。