不動産ニュース / 開発・分譲

2020/10/27

三井不とヒルトンが日本橋に最上級ホテル

「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」

 三井不動産(株)とヒルトンは27日、ホテル「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」(東京都中央区)のブランディングおよびマネジメント契約を締結したと発表した。「ウォルドーフ・アストリア・ホテル&リゾーツ」の進出は日本初。

 2021年度着工予定の「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」における、オフィス、商業店舗、サービスアパートメント等の複合施設で展開。羽田空港から約20kmに位置、東京駅から徒歩圏内にあることに加え、東京メトロ銀座線・東西線、都営浅草線「日本橋」駅直結しており、さまざまな観光スポットへのアクセスが至便な立地。同ホテルは三井不動産が開発、ヒルトンが運営する。

 C街区(地上52階地下5階建て、延床面積約3万2,000平方メートル)39~47階の9フロアに、60平方メートル以上のキングルーム含め全197室を用意。3つのレストランと、ラウンジ&バー「ピーコック・アレー」のほか、屋内プール、スパ、フィットネスセンター、宴会場、チャペルを備える予定。

 26年の開業を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

時代の変化に対応し、躍進続ける事業者を再取材!その営業、経営戦略とは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/11/10

記者の目公開しました!

1棟丸ごと時間貸しスペースビルに再生」を公開しました。

コロナの影響で需要が高まっている時間貸しのワークスペース。大手企業は都心部を中心にサービス展開を活発化していますが、仙台市内でビル仲介・管理を手掛ける日本商事は地場事業者ながらそのトレンドをいち早くつかみ、10月、老朽ビルをニューノーマルなスタイルに沿う新しいオフィスビルへと再生しました。