不動産ニュース / その他

2021/1/13

東建、環境配慮の取り組みで東京ガスと協定

 東京建物(株)と東京ガス(株)は13日、再生可能エネルギーを活用した環境配慮の取り組みを実施することを目的に、基本協定書を2020年12月に締結したと発表。

 第1弾の取り組みとして、東京建物が開発した物流施設「T-LOGI(ティーロジ)久喜」(埼玉県久喜市)に大容量の太陽光パネルを設置する。発電した電力は施設構内で消費。環境に配慮した物流施設として、ZEB1の認証を取得する。消費しきれない余剰電力については、同社が所有する商業施設「スマーク伊勢崎」(群馬県伊勢崎市)に、東京ガスグループのサービス「ソーラーアドバンス」の仕組みを活用し、自己託送する予定。

 東京建物は今後、建設を予定している「L-LOGI」シリーズにおいて、太陽光パネルの設置や省エネルギー化を推進。環境配慮型物流施設(ZEB物流)を実現する。東京ガスでは、「スマーク伊勢崎」へ電力融通する自己託送事業モデルを、グループ初の試みとして構築していく。

自己託送事業イメージ図

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/8/1

「海外トピックス」更新しました!

『豪』快なリモコンごみ収集【オーストラリア】」配信しました。
ブリスベンに在住するライターが、現地の「ゴミ回収」事情をレポート。日本では数人の収集作業員が集積所からごみを集め、回収車に投げ込むのが一般的ですが、豪州の回収方法は先進的で、そして豪快。記事を要チェック。