不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/3/9

パフォーマンスが高い層、仕事場所の種類が多い傾向

 野村不動産(株)は9日、テレワーク時代における「個人のパフォーマンス向上因子」に関する調査研究結果を公表した。

 同社は企業や有識者とのパートナーシップのもと、新しいオフィスの在り方や価値についての調査研究を実施する「HUMAN FIRST(ヒューマンファースト)研究所」の活動を行なっており、同調査はその一環。法政大学経営学部の永山 晋准教授の協力のもと、企業や個人が持続的に発展するうえで重要となる「パフォーマンス」を向上する要因等について調べた。調査対象はチームで仕事をしている1都3県居住のビジネスパーソン3,091人。2021年1月25・26日に、インターネットで実施した。

 同調査における「パフォーマンス」とは、「エンゲージメント」「ウェルビーイング」「クリエイティビティ」に関する設問項目の回答を点数化し、それら3つの指標を標準化後に平均値を取ったもの。

 個人環境や組織環境に関する要素と、パフォーマンスとの相関関係を分析。パフォーマンスにプラスの影響を与える要因のトップは「組織の創造性環境要因(組織体制、マネジメント体制等、創造性を発揮する上で必要な環境が整っているか)」。「チームの仕事のパフォーマンス」、「仕事で利用する場所の種類」が続いた。一方、「在宅の頻度」は影響度が0に近しいことが分かった。

 また、パフォーマンスが高い層は、「仕事で利用する場所の種類が多い」という結果に。上位25%のパフォーマンス層では、3種類以上のワークプレイスを持つ人が4割に上り、明確な目的意識を持ち、目的に応じてワークプレイスを使い分けていることが分かった。また、「よく移動する」こともパフォーマンス層の特徴であり、特に社内移動がパフォーマンスにプラスの影響を与えることが分かった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/22

「記者の目」更新いたしました

社員が会社に来たくなる」を更新しました。ニューノーマルな働き方の実現や、スタッフのパフォーマンスを最大限に発揮できるABW要素の体現等のテーマを引っさげ21年夏に完成した、三井デザインテックの新オフィスをレポートします。コロナ禍なのに社員から、「会社に行きたい」との声が挙がる、そのオフィスとは…?