不動産ニュース / IT・情報サービス

2021/6/15

5G、AI活用による物流現場の効率化で実証

 東急不動産(株)、東日本電信電話(株)、(株)PALは、物流業務の見える化を目的に、ローカル5GとAI画像の分析技術を活用した「人の動態調査」に関する実証実験を実施。15日に結果を公表した。

 物流倉庫内の作業スタッフの稼働の見える化による、作業進捗の把握や人員配置の適正化、業務量や作業の生産性データの取得・蓄積による作業効率の向上など、今後の省人化への投資を判断する上で重要なデータの収集が目的。同実証実験では、物流業務の見える化によるスマート物流の実現を目指し、ローカル5GとAI画像分析技術を活用した人の動態把握ソリューションに関して検証した。

 NTT東日本と東京大学が共同で設立したローカル5Gの検証環境「ローカル5Gオープンラボ」において、物流倉庫を模した疑似的な環境と、ローカル5Gを通じた高精細カメラでの撮影環境を構築。物流現場で想定される動作を複数人で行ない、その映像データをAIで分析した。結果、人物の検知・特定および追跡(動線把握、ヒートマップ化)において物流現場への適用可能性を確認できた。

 同技術を活用し、「誰が、どこで、どの経路で動き、どのくらいの時間滞在していたか」というデータを取得・蓄積し、見える化することで、物流倉庫における最適なレイアウトの設計や、人員配置の適正化等が可能となり、物流業務の効率化が見込まれる。

 今後、AIを始めとした先端技術の実用化に取り組む企業、団体等と連携し、自動検品や自動搬送機(AGV等)の運転・遠隔制御等に関する実証実験も行なっていく。また2022年度までに実際の物流倉庫・現場での運用・実装を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。