不動産ニュース / 開発・分譲

2021/6/22

オフィスビル共用部に“より気軽な”ワークスペース

「fastrwork」ワークスペース

 サッポロ不動産開発(株)は22日、同社は所有する複合施設「恵比寿ガーデンプレイス」(東京都渋谷区)のオフィス棟「恵比寿ガーデンプレイスタワー」で、隙間時間向けワークプレイス提供事業「fastrwork」の実証実験を開始した。

 「fastwork」は、スペース貸しプラットフォーム「SPACEE」を提供する(株)スペイシーの協力で開発した新サービス。出張先や外出先におけるアポイント前後の“隙間時間”に仕事をしたいというニーズに応え、コワーキングスペースやサテライトオフィスよりも気軽に仕事ができる空間を展開していく。

 実証実験では、同ビル2階の空間を活用し、仕事に適した広さの机や椅子、電源などを5席分用意。周辺通行者の気配や視線を遮るパーテーションも設置した。利用料金は1分10円。設置エリアでQRコードを読み取ることで、チェックイン・チェックアウトができるほか、分単位で料金が精算されるため、短時間から利用しやすい。営業時間は7~23時。実施期間は8月20日まで。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。