不動産ニュース / 政策・制度

2021/6/25

危機を乗り越え変化に対応/国土交通白書

 国土交通省は25日、「令和3年版国土交通白書」を公表した。

 今回は「新型コロナウイルス感染症」「災害の頻発・激甚化」という2つの危機により加速した変化と、顕在化した課題を分析・整理。これらの変化に対応する具体的施策とそれにより実現する「豊かな未来」の姿を展望している。

 2つの危機により変化が加速、顕在化した「社会の存続基盤の維持困難化」「災害リスクの増大や老朽化インフラの増加」「多様化を支える社会への変革の遅れ」「デジタルトランスフォーメーション(DX)の遅れと成長の停滞」「地球温暖化の進行」の観点から課題を整理した。

 その上で(1)二地域居住や地方移住の推進など持続可能で暮らしやすい社会、(2)被害対象減少のための土地利用誘導、「流域治水」の推進など災害からいのちとくらしが守られる社会」、(3)「居心地が良く歩きたくなる」まちなかづくり、賑わいのある道路空間の構築など一人一人が望む生き方を実現できる社会、(4)MaaSのデータ基盤整備・社会実装の推進、スマートシティの社会実装の促進など成長が持続しゆとりを得られる社会、(5)LCCM住宅等の普及、洋上風力発電、太陽光発電等自然エネルギーの導入促進など、地球環境の保全に貢献する社会、など課題解決に向けた具体的施策と目指すべき「豊かな未来」姿を展望した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。