不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/8/17

不動産テック市場、5年で約2倍に

 (株)矢野経済研究所は17日、不動産テック市場に関する調査(2021年)の結果を発表した。

 不動産テック事業者に聞き取り調査等を実施した。調査期間は21年4~7月。

 20年度の不動産テック市場規模は、6,110億円(前年度比8.6%増)と推計した。そのうちBtoC向け市場規模が4,852億円(同9.6%増)、BtoB向け市場規模が1,257億円(同4.9%増)。

 25年度には1兆2,461億円(20年度比103.9%増)と約2倍にまで拡大すると予測。BtoCは1兆17億円(同106.5%増)、BtoBは2,445億円(同94.5%増)を見込む。

 今後、拡大が見込まれる市場として、BtoC領域では「マッチングサービス」市場を挙げた。既存住宅流通市場は、住宅ストック数の積み上がりと共に成長が見込まれ、テクノロジーを駆使し効率的なマッチングを実現する事業者や顧客獲得の拡大に努める事業者などの成長が大いに期待できるとした。BtoB領域では、「仲介・管理業務支援/価格査定系」市場が拡大すると予測。コロナ禍を契機としたDX化の機運の高まり、業務効率化や労働生産性の向上、政府によるデジタル化推進政策などを理由としている。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

不動産テック

情報通信技術を大幅に活用した不動産サービスをいう。「不動産」と「技術(Technology)」を組み合わせた造語で、英語のReal Estateと組み合わせて「ReTech」とも言われる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。