不動産ニュース / 開発・分譲

2021/12/1

「渋谷ヒカリエ」隣接地で複合施設を着工/東急

再開発イメージ。模型中央が今回開発する複合施設
建設現場の模様。仮囲いにアート作品を掲出し、工事中も周辺ににぎわいを創出する

 東急(株)は1日、同社が参加組合員として参画する「渋谷二丁目17地区第一種市街地再開発事業」(東京都渋谷区)の着工を発表。同日、メディア向けにプロジェクトの概要説明等を行なった。

 同事業は、「渋谷ヒカリエ」の隣接地(敷地面積約3,460平方メートル)に地上23階地下4階建て・延床面積約4万4,500平方メートルの複合施設を建設するもの。総事業費は約300億円。1~4階を商業フロア、5~23階をオフィスフロアとする。オフィスは、渋谷エリアでも稀少な基準階床面積約1,325平方メートルを確保。整形・無柱空間とし、多様なレイアウトに対応できるようにする。さまざまな省エネルギー施策も推進し、8月に「ZEB Oriented」認証を取得した。

 併せて、「渋谷」駅と直結する多層の歩行者ネットワークを整備。「渋谷ヒカリエ」から、同施設を通じて青山・表参道方面、および「渋谷クロスタワー」へ手軽にアクセスできるようにする。また歩行者通路に沿って、ウッドデッキや樹木を配置した広場を整備し、エリアのにぎわいを創出していく。

 オフィスはすでに約半数のフロアのテナントが内定済み。テナントは、大手メーカーなど多岐にわたるという。その他のフロアについても引き合いがあり、今後も満床に向けリーシングを推進していく。

 また工事期間中、組合構成員である(株)NANZUKAが所属する(一社)日本現代美術商協会と連携。NANZUKA含む8つのギャラリーから選出した気鋭のアーティストが現地仮囲いにアート作品を掲出する。

 施設の竣工および開業は2024年の予定。

アーティストによる作品へのサイン入れの様子

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。