不動産ニュース / イベント・セミナー

2022/6/14

全会員の登録制度登録に目途/日管協が総会

再選され2期目を務める塩見会長
新執行部とともに、賃貸住宅管理業界の発展のために取り組んでいく

 (公財)日本賃貸住宅管理協会は14日、来場(明治記念館:東京都港区)とオンラインのハイブリッド形式で、会員総会を開催。2021年度事業報告・決算、22年度事業計画・収支予算等を報告、承認した。

 22年度は、(1)組織拡大と賃貸住宅管理業登録制度事業者団体としての体制構築、(2)賃貸住宅管理業法に基づく会員の業務適正化への取り組み、(3)賃貸不動産経営管理士の取得促進と有資格者の質的向上への取り組み、(4)賃貸住宅管理業界の人材確保・育成と会員の業務支援、(5)賃貸住宅管理業の認知度向上のための広報・RP事業の強化、を重点テーマに活動を推進していく。昨年に引き続き、賃貸住宅管理業法への対応と登録の促進を最重要課題と位置付ける。併せて、オンラインによる相続支援コンサルタント講習を引き続き実施。JPM人財ネットワーク制度においては、経験ある人材の確保とキャリア継続の支援を行なう。現在の会員数は2,124社、今期は3,000社を目指す。

 総会の冒頭、塩見紀昭会長は「明日6月15日は、賃貸住宅管理業法が完全施行してから1年という記念すべき日。一層気を引き締めて業界の発展に努めていく」と挨拶。すべての会員が登録制度を推奨し、登録する目途がついたと話した。また、「賃貸住宅管理業務の資質を高めることを目的に、『賃貸住宅メンテナンス主任者(仮称)』を創設し、建物の維持保全と長寿命化を担える知識を有する人材を育成していく」と抱負を述べた。

 来賓として出席した、国土交通省不動産・建設経済局長の長橋和久氏は「6月13日時点で、賃貸住宅管理業における登録業者数は6,273社、申請済みを含めると7,000件を大きく超える」とし、「賃貸住宅管理業は、国民生活の基盤を支える大変重要な役割を担っている。新法施行により、オーナーや入居者から一層の信頼を得て、国民生活の安定向上に不可欠な事業として、今後も健全に発展することを期待している」と話した。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

賃貸住宅管理業法

賃貸住宅を管理する業務を適正に実施するための措置を定めた法律。正式な名称は「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」で、2020年6月に制定された。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。