不動産ニュース / 開発・分譲

2022/8/29

日鉄興和不他、MM21中央地区初のZEB認証ビル

「横浜シンフォステージ」外観イメージ

 日鉄興和不動産(株)は、(株)大林組、京浜急行電鉄(株)、ヤマハ(株)、みなとみらい53EAST合同会社と開発を進める「みなとみらい21中央地区53街区開発事業」(横浜市西区)の街区名称を、「横浜シンフォステージ(YOKOHAMA SYMPHOSTAGE)」に決定。29日、開発概要を発表した。

 みなとみらい線「新高島」駅徒歩1分の立地。敷地面積は2万620.58平方メートル。ホテル、オフィス、店舗等で構成する地上30階地下1階建てのウエストタワーと、オフィスや店舗等からなる地上16階地下1階建てのイーストタワーの2棟を開発する。延床面積は18万3,132.29平方メートル。

 オフィス専有部には、感染症対策等を目的に、サッシ組込型の自然換気装置を設置するほか、イーストタワーのオフィス会議スペースやリフレッシュスペースには、外気の温湿度などを計測して自動開閉するジャロジー窓を採用。低層部にはヤマハブランドの発信拠点や、飲食・物販などの店舗、オープンイノベーションスペースといったアクティビティフロアを整備する。

 建物全体では、熱負荷を抑える外装計画や、地域冷暖房(DHC)の導入、各種センサーを使った設備機器の自動制御、自然換気、雨水利用などを採用。建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の建築物全体評価で最高ランクである星5つ、オフィス部分の評価でみなとみらい21中央地区初となる「ZEB Ready」認証を、2022年5月16日付で取得。また、横浜市建築物環境配慮制度(CASBEE横浜)の最高ランクとなるSランク相当の環境性能を有している。

 IoT・ICT技術の活用により、建物内におけるさまざまなデータの相互活用を可能とする統合ネットワークを構築。施設利用者に向けては、建物環境に係る情報の見える化、空席確認やモバイルオーダー等の商業施設とオフィスが連携するサービスを提供する。

 完成は24年3月末を予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ZEB

消費する一次エネルギーが実質的にゼロである建物。英語のNet Zero Energy Building(ネット ゼロ エネルギー ビルディング)の略語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。