不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/9/30

22年上期のインバウンド投資額は半減

 シービーアールイー(株)はこのほど、2022年上期の日本のインバウンド投資・アウトバウンド投資に関するレポートを公表した。

 22年上期のインバウンド投資額は23億8,000万ドル(前年同期比50%減)と半減した。取得意欲は旺盛ながら、売却案件が限定的だったことが要因。投資家の国別投資額割合は米国が最も多く、全体の49%を占めた。

 主要アセットタイプ(オフィス、物流施設、住宅、ホテル、商業施設、その他)の投資額は、軒並み前年同期から減少したものの、オフィス、住宅の大型案件の取引が見られた。

 22年下期は大型案件が複数進行中で、投資額は上期よりも増加する見込み。一方で、海外で先行する金利上昇と景気後退懸念から、一部の欧米投資家は日本の不動産投資に関してやや慎重姿勢に転じているという。

 上期のアウトバウンド投資額は16億5,000万ドル(同26%増)。英国での投資額の増加が主因で、16年のEU離脱問題発生以降で最大の投資額となった。

 アセットタイプ別では、オフィス、住宅、ホテルが前年同期を上回った。特にオフィスは11億ドル(同267%増)と、コロナ禍以前と比較しても高い水準。

 日本のアウトバウンド投資はコロナの影響から回復過程あるものの、インフレによるコスト上昇で、一部の投資家は開発などの投資戦略を見直しているという。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
新しい住宅トレンドは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/11/17

「記者の目」更新いたしました

地元の魅力を発信する不動産屋さん「プリンスジュン」」を更新しました!
神奈川県中郡二宮町で愛される王子様をご存じですか?普段は仮の姿として不動産業に従事する「プリンスジュン」。その生態をレポートします。