不動産ニュース / 団体・グループ

2022/12/20

不動産エバリュエーションコンテスト、大賞に2事例

 (公財)不動産流通推進センターは19日、「不動産エバリュエーション事例コンテスト2022」の受賞結果を発表した。

 同コンテストは2018年より開催してきたが、20・21年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催を見送ったため、3年ぶりの開催となった。

 募集したテーマは「既存建物の工法や技術、建材や設計デザイン等、高い性能・付加価値・品質なものを見出し、活用した事例」と、「リフォーム、リノベーション、コンバージョンといった手法を用いて既存建物の価値をつくり出した事例」。いずれも建物だけでなく、その土地の調査やエリアマーケティングを踏まえた活用が条件となっている。

 大賞2事例、優秀賞1事例を選出。大賞を受賞した「名駅二丁目三番街 再生の物語」((株)泉不動産 足立幹和氏)は、駅前の好立地にある古旅館の建物を、人が集まる4つの飲食店が同居する建物にコンバージョン。企画力・調整力が高く評価された。また、同じく大賞を受賞の「これからの京町家~高断熱・高気密を取り入れたリノベーション住宅~」((株)八清)は、京町屋に最新の高気密・高断熱性能を付けて、物件の価値を向上させると共に、まち並み保存につなげ、賃貸物件として収益を挙げている点も高評価だった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

業界団体

産業ごとに結成されている同業種の集まり。その産業の発展のために、研修の実施、会員の規律の維持、社会的理解の促進、行政庁との連絡調整などの活動に当たっている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。