不動産ニュース / 調査・統計データ

2023/1/17

22年首都圏分譲M賃料、上昇が大幅に鈍化

 (株)東京カンテイは17日、2022年通年の三大都市圏(主要都市別)の分譲マンション賃料の推移を発表した。分譲マンションが賃貸された場合の募集賃料を、1平方メートル当たりに換算して算出したもの。

 22年の首都圏分譲マンションの1平方メートル当たりの年間平均賃料は3,328円(前年比1.8%上昇)と、上昇は継続したものの、上昇率は大幅に縮小した。賃料水準の高い東京都3,753円(同0.6%上昇)の事例シェアの拡大傾向が一服したことや、東京都における賃料トレンドで天井感が強まったこと等が要因として挙げられる。そのほか、神奈川県は2,445円(同2.3%上昇)、埼玉県は1,877円(同5.7%上昇)、千葉県は1,835円(同5.5%上昇)だった。

 近畿圏は2,098円(同6.4%上昇)と、2,000円の大台を突破。5年連続の上昇となった。大阪府は2,342円(同8.0%上昇)、大阪市内で築浅事例が増加した影響から賃料水準が大幅に上振れた。兵庫県は1,734円(同3.0%上昇)。
 中部圏は1,914円(同4.4%上昇)と上昇。愛知県は1,956円(同4.4%上昇)となり、名古屋市が同圏域の賃料上昇を牽引した。

 22年12月の分譲マンション賃料は、首都圏が3,337円(前月比1.0%上昇)と上昇を継続。前年同月比では3ヵ月ぶりのプラスとなった。東京都は3,779円(同1.4%上昇)と3ヵ月連続で上昇し、上昇率も拡大。神奈川県2,486円(同1.5%上昇)、埼玉県1,917円(同0.8%上昇)は、平均築年数が1年程度若返ったこともあり直近1年間での最高値を更新した。千葉県のみ1,809円(同1.0%下落)と下落した。

 近畿圏は2,116円(同0.7%上昇)と引き続き上昇。大阪府は2,335円(同0.7%上昇)と3ヵ月ぶりに上昇した。兵庫県は築古事例の減少等の影響もあり、1,803円(同1.7%上昇)と4ヵ月連続で上昇、集計開始後初の1,800円台となった。
 中部圏は1,877円(同0.4%上昇)、愛知県は1,925円(同0.9%上昇)とともに引き続き上昇した。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?