不動産ニュース / 調査・統計データ

2023/1/24

首都圏既存マンション価格、2年連続で2ケタ上昇

 (株)東京カンテイが23日に発表した、2022年の首都圏中古(既存)マンションの70平方メートル換算価格は4,716万円。前年比で13.2%上昇しており、2年連続で2ケタの上昇となった。価格高騰が先行していた東京都に加えて割安感が強い周辺3県でニーズの高まりを受けたことも影響した。

 都県別では、東京都は6,301万円(前年比9.8%上昇)とやや鈍化したものの、神奈川県は3,520万円(同13.0%上昇)、埼玉県は2,904万円(同14.9%上昇)、千葉県は2,569万円(同12.1%上昇)と、軒並み10%を超える高い上昇率となった。コロナ禍でも職住近接ニーズが依然として高く、また神奈川県、埼玉県、千葉県においては広さと価格のバランスを重視する購入者からの支持を集める形で上昇度合いを強めた。

 近畿圏は2,816万円(同8.0%上昇)と大幅上昇。大阪府は3,047万円(同8.0%上昇)と、圏域平均を牽引した。兵庫県も2,425万円(同6.8%上昇)と大幅に上昇している。

 中部圏は2,214万円(同6.5%上昇)。愛知県は2,347万円(同6.7%上昇)となった。

 22年12月の首都圏の既存マンション価格は4,819万円(前月比0.2%上昇)と、わずかながら2ヵ月ぶりに強含んだ。都県別では、東京都は6,408万円(同0.1%上昇)と、再び強含んだことで10月の水準を辛うじて上回った。神奈川県は3,640万円(同0.5%下落)と、横浜市や川崎市などの主要な行政区が弱含んだ影響から、小幅ながら7ヵ月ぶりに反落した。埼玉県は3,022万円(同0.4%上昇)、千葉県は2,780万円(同1.8%上昇)と、いずれも上昇傾向を維持している。

 近畿圏は、2,909万円(同0.7%上昇)と2ヵ月連続の上昇。大阪府は3,140万円(同0.5%上昇)と、小幅ながら前月に引き続き上昇した。兵庫県も2,543万円(同1.4%上昇)と、上昇度合いを強めている。

 中部圏は2,300万円(同0.8%上昇)、愛知県は2,439万円(同1.0%上昇)と、いずれも上昇傾向で推移した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。