不動産ニュース / IT・情報サービス

2023/1/26

Z世代の住まい、2割が「浴槽不要」「テレビなし」

  不動産情報サービスのアットホーム(株)は26日、「Z世代のライフスタイルに関する調査」の結果を公表した。賃貸物件で一人暮らしをしているZ世代(17~26歳)400人を対象に、インターネット上でアンケートを実施。調査期間は2022年11月18~21日。

 価値観について6つの項目を並べ「そう思う」から「そう思わない」までの5段階で聞いたところ、「タイムパフォーマンス(タイパ)や効率性は重要だ」、「流行のものよりも自分がいいと思ったものを優先したい」、「ものを買う時、コスパ(質に対する価格の安さ)を重視する」の3項目は、約7割が「そう思う」「どちらかといえばそう思う」を選択。Z世代は、“時間やお金などのコストについてシビアに考える”価値観を持つことが分かった。

 情報収集の際に利用するツールは、1位が「GoogleやYahoo!等の検索サイト」(84.3%)。2~4位は「Twitter」(66.5%)、「YouTube」(64.5%)、「Instagram」(63.8%)とほぼ横並びで、5位の「TilTok」(19.5%)に差をつけた。最も信用するツールも、1位は「検索サイト」(70.9%)。2位は「Instagram」(15.2%)、3位は「Twitter」(8.0%)だった。

 住まいに関する価値観については、「隣人とはできるだけ顔を合わせたくない」(81.3%)、「ライフステージに応じて違った場所に住みたい」(64.3%)といった項目を5割以上が選択。「浴槽は必要ない」も2割以上が選択した。また、一人暮らしのZ世代のうち、2割以上が「テレビを持っていない」と回答。「掃除機を持っていない」は、26.2%に上った。

 重視する住まいの条件は、1位「通勤・通学に便利」(51.5%)、2位「間取り・広さ」(48.3%)、3位「スーパーマーケットが近い」(43.8%)。重視する住まいの設備は、1位「独立洗面台」(37.5%)、2位「モニタ付インターホン」(33.8%)、3位「インターネット無料」(33.0%)。

 オンライン取引については、「Webフォームからの入居申込」「電子サイン」はいずれも7割以上が、「オンライン接客」については5割以上が、「利用したい」「どちらかというと利用したい」と回答した。「便利そうだから」「最新のITツールを取り入れている会社こそ信頼性がある気がするから」といったコメントが目立った。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。