不動産ニュース / 政策・制度

2023/3/14

地域価値共創アワード、初の表彰式を開催

「第1回 地域価値を共創する不動産業アワード」の受賞者ら(写真中央左が長橋局長、同右が中城委員長)

 国土交通省は14日、「第1回 地域価値を共創する不動産業アワード」受賞者の表彰式を開催した。

 不動産事業者等が、地方公共団体や住民、他業種等の関係者と共に地域づくりやコミュニティづくりに取り組み、新たな地域価値を共創する活動のさらなる発展と地域価値共創モデルの横展開を図るため、創設したもの。不動産事業者や不動産管理事業者等の取り組みを対象に表彰する初の試みとして、2022年秋に「地域価値を共創する不動産業アワード(不動産・建設経済局長賞)」として創設し、取り組みを公募したところ、97件の応募があった。

 第1回は、選定委員会(委員長:中城康彦明海大学不動産学部教授)における審査の結果、「アワード大賞」((株)エンジョイワークス(活動拠点:神奈川県鎌倉市他))のほか、「低未利用不動産の有効活用部門」「中心市街地・農村活性化部門」等の6分野の優秀賞、特別賞3件の計10件を決定した(各受賞内容は3月7日付のニュース参照)。

 表彰式で同省不動産・建設経済局長の長橋和久氏は、「今回表彰した取り組みを通じて、不動産事業者の皆さまが地域のさまざまな関係者と連携し、あるいは地域と人をつないで、人々の幸せな暮らしを育んでいくことが、地域の新しい価値、ひいてはわが国全体の新しい可能性などの創造につながっていることが分かった。アワードの事例を関係業界の皆さまと連携して発信し広めていきたい」と述べた。中城委員長は「今回のアワードは、6つの分野で募集したが、応募していただいた案の多くは一つの分野にとどまらず複合的な要素が組み合わされたソリューション型の提案が多く、どの分野の切り口でも価値のある先駆的な取り組みだった」と評した。

写真中央がアワード大賞を受賞した(株)エンジョイワークス代表取締役の福田和則氏。向かって左が長橋局長、右が中城委員長

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。