不動産ニュース / 調査・統計データ

2023/6/8

三大都市のオフィス、空室率、賃料指数は小幅な揺れ

 (一財)日本不動産研究所と三鬼商事(株)で構成する「オフィス市場動向研究会」は7日、2027年までの東京・大阪・名古屋のオフィス賃料予測推計の結果概要を発表。(公社)日本経済研究センターの中期経済予測に基づいて賃料を予測した。賃料指数は2010年を100とする。

 東京ビジネス地区では、23年は経済状況が回復し、オフィス需要が増加するものの大量の新規供給を十分吸収するほどの力強さはなく、空室率は6.6%。賃料指数は106.2(前年比2.8%低下)となると予測。24年は新規供給が限られるが、オフィス需要の伸びも鈍化し、空室率は6.5%と高止まり。25年は大規模な再開発の竣工が続き、過去最大レベルの新規供給量が見込まれ、オフィス需要が吸収しきれず、空室率は6.8%に上昇。

  26年は新規供給が限られるが、経済成長率の減速によりオフィス需要が伸び悩み、空室率が7.0%に上昇。これにより、賃料指数は99.3(同1.8%低下)と100を割る見込み。27年も新規供給が少ないものの、需要も伸び悩むため空室率がさらに上昇して7.2%に。賃料指数は97.7(同1.7%低下)と下落が続く見込み。

 大阪ビジネス地区では、23年はオフィス需要が増加し、新規供給が限られるため、空室率は4.2%(同0.9%低下)まで低下、賃料指数は130.1(同3.0%上昇)と上昇する。24年は大規模な再開発の竣工が続き、新規供給量が過去最大レベルになることから、空室率は7.1%と大きく上昇。賃料指数は126.0(同3.1%低下)。25年には新規供給が限られ、需要の伸びも限定的で、空室率は6.9%とやや低下。賃料指数は123.6(同1.9%低下)に下落する見込み。

 名古屋ビジネス地区も、23年はオフィス需要が増加するものの、新規供給が限られるため、空室率は5.8%(同0.3%上昇)に上昇。賃料指数は117.3(同0.8%上昇)と小幅な上昇傾向が続く。24年は新規供給が限られ、空室率は5.4%と緩やかに低下し、賃料指数は118.6(同1.2%上昇)と小幅に上昇。25年も新規供給が限定的で、空室率は4.8%、賃料指数は120.8(同1.9%上昇)と上昇する見込み。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。