不動産ニュース / 調査・統計データ

2023/7/11

賃貸更新・解約経験者の約3割が“オンライン”希望

 不動産情報サービスのアットホーム(株)は11日、「書類のオンライン化・電子サインに関する実態調査 2023」の結果を公表した。21年8月以降に物件を購入、または賃貸物件を契約・更新・解約した全国の18~59歳の男女計814人にインターネットでアンケート。調査期間は23年5月10~12日。

 「契約書類のやり取り」の経験(実際の方法)と今後の希望を聞くと、物件購入の場合、経験は85.8%が「対面でのやり取り」(以下、対面)、「郵送」が7.3%、「メール」が2.8%、「LINE」が1.6%、「不動産会社のホームぺージ」が2.0%となった。今後の希望でも、「対面」は76.0%とトップだが、「郵送」は13.0%、「メール」は6.1%、「LINE」と「不動産会社のホームページ」はそれぞれ2.4%。経験・希望とも対面のニーズが大きい一方、「メール、LINE、不動産会社のホームページを合わせたオンライン」(以下、オンライン)でのやり取りは4.5ポイントの開きがあった。
 賃貸契約では、経験は「対面」が72.4%、「郵送」が15.9%、「オンライン」が10.6%、希望は「対面」が61.8%、「郵送」が17.6%、「オンライン」が19.6。賃貸更新では、経験は「対面」が25.4%、「郵送」が54.0%、「オンライン」が15.9%、希望は「対面」が18.3%、「郵送」が46.8%、「オンライン」が29.8%。賃貸解約では、経験は「対面」が49.8%、「郵送」が27.0%、「オンライン」が17%、希望は「対面」が41.5%、「郵送」が22.0%、「オンライン」が32.4%。いずれも、希望の方が「オンライン」を選択した人が多く、特に賃貸更新・賃貸解約は10ポイント以上の差があった。

 「書類への署名捺印」については、購入者の経験は「手書きで署名・捺印(対面)」(以下、対面)が91.9%、「手書きで署名・捺印(郵送)」(以下、郵送)が4.5%、「電子サイン」が4.5%、希望は「対面」が78.0%、「郵送」が13.0%、「電子サイン」が8.9%。いずれも「対面」が支持されている一方で、電子サイン経験者からは「便利」「手軽」等の意見が寄せられた。
 賃貸契約は、経験は「対面」が75.4%、「郵送」が15.0%、「電子サイン」が9.6%、希望は「対面」が63.1%、「郵送」が15.6%、「電子サイン」が21.3%。賃貸更新は、経験は「対面」が29.8%、「郵送」が56.7%、「電子サイン」が13.5%、希望は「対面」が24.2%、「郵送」が43.7%、「電子サイン」は32.1%。賃貸解約は「対面」が54.8%、「郵送」が31.1%、「電子サイン」が14.1%、希望は「対面」が43.6%、「郵送」が24.9%、「電子サイン」が31.5%。「電子サイン」では、経験と希望に10ポイント以上の差があり、一定のニーズが確認できた。

 また、手続きの中でオンライン化してほしいことでは、購入・賃貸契約・賃貸解約は「不動産会社への連絡」が1位。賃貸更新については「書類等の確認」が1位だった。賃貸更新・賃貸解約経験者の約3割は「書類等の確認」「署名・捺印」「書類の返送」のオンライン化を希望した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。