不動産ニュース / 政策・制度

2023/8/10

「地域課題解決型空き家活用支援事業」の事業者選定

 東京都は10日、令和5年度「地域課題解決型空き家活用支援事業」について、地域貢献度、実現性、波及性等の観点から審査を行ない、2件を選定し、公表した。

 同事業は、区市町村と連携して、空き家の利活用を通じた地域の活性化や移住・定住の促進など、地域課題を解決するための取り組みを行なう民間事業者等を支援するもの。今回の選定事業者は、(株)エヌキューテンゴ(東京都杉並区)と(株)スピーク(東京都新宿区)の2社。

 (株)エヌキューテンゴは、杉並区と連携して、空き家を活用した多世代が交流できる居場所の運営に取り組む。空き家所有者向けに、「空き家活用すごろく」を作成して、利活用に踏み出すきっかけをつくるほか、対象となる空き家をコモンスペースを併設したファミリー向け賃貸住宅に改修。若い世代が地域コミュニティと関わりを持ちながら住み続けられる住宅として利活用するほか、コモンスペースの運営を通じて交流の場をつくり、地域の活性化に取り組んでいく。

 (株)スピークは、東村山市の関係部署や地域の事業者、団体・個人と継続した連携体制を築いて、空き家の掘り起こしに取り組む。活用対象の空き家は、アトリエや店舗併用の住宅に改修して、小さな個人商店の出店や職住近接の環境を求める層など若い世代を呼び込み、移住・定住の促進につながる利活用を行なっていく。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

空き家・空き地バンク、空き家バンク

空き家・空き地の物件情報が登録され、検索できる情報システム。地方自治体が運営していることが多い。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。