不動産ニュース / 調査・統計データ

2023/11/20

管理適正評価制度、9月末の登録件数は1,925件

 (一社)マンション管理業協会は20日、2023年度第2四半期における「マンション管理適正評価制度」の登録状況等について公表した。

 同制度は、分譲マンションの管理状況(管理体制、建築・設備、管理組合収支、耐震診断、生活関連)について、専門家が30項目をチェック。★の6段階で表すことにより、マンションの管理状況を可視化するもの。

 9月末時点での登録件数は1,925件で、最も多い登録は「★4」の673件(全体の約35%)。前回の調査では「★3」が最多だった。1,925件のうち、国の「マンション管理計画認定制度」で認定を取得しているマンションは111件。

 都道府県別でみると、東京都が637件(同33.1%)で最多。大阪府227件(同11.7%)、神奈川県194件(同10.0%)と続いた。

 戸数別の登録状況については、50戸未満が全体の56%を占めた。最大戸数は1,213戸、最少戸数は5戸。竣工年別では、1991~2000年竣工のマンションが全体の27%を占めトップに。前回の調査では、01~10年の竣工が最多だった。最も築古のマンションは1967年竣工、築浅のマンションは2022年竣工。階数別のトップは6~10階建て(同43%)。

 戸数が多くなるほど「★5」の割合が高くなる傾向で、「★5」の割合は400戸以上で86.0%、50戸未満で15.7%だった。また、築浅になるほど「★5」の割合は高くなるが、1971~80年竣工においても「★5」を獲得したマンションも見られる(同5.6%、前回調査比4.0%上昇)。

 評価結果についての詳細は、同協会リリースを参照。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

管理計画認定制度(マンションの〜)

マンションが適正に管理されていることを認定する制度。マンション管理適正化法に基づく仕組みである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。