不動産ニュース / イベント・セミナー

2024/5/28

都との連携深め防災力を強化/日管協東京が総会

「甲信ブロックと手を携え、東京都支部の活動を盛り上げていく」と挨拶した塩見支部長

 (公財)日本賃貸住宅管理協会は27日、京王プラザホテル(東京都新宿区)において会員総会を開催。2024年度事業計画・収支予算等について報告した。

 冒頭、同協会会長兼東京都支部長の塩見紀昭氏が挨拶。「これまで山梨、長野を中心に活動してきた甲信ブロックと東京都ブロックが統合することになった。互いに交流を深め、東京都支部の活動を盛り上げていく」と話した。

 来賓で出席した、国土交通省関東地方整備局建政部不動産業適正化推進官の松村敏男氏は、賃貸住宅管理業者およびサブリース業者への全国一斉立入検査について言及。「今年度も引き続き、立入検査等による指導を行ない、悪質な違反があれば法に則り、厳正かつ適正に対処していく。この立入検査が多くの事業者にとって、法令遵守の意識向上につながれば」と述べた。

 東京都住宅政策本部民間住宅部長の鈴木誠司氏は、「都では『東京ささエール住宅』(セーフティネット住宅)や、『東京こどもすくすく住宅』認定制度を推進しているが、貴協会と連携しさらなる普及・促進を目指す。また、貴協会は昨年秋に『多角的視点で学ぶ 防災マニュアル』を発刊されたが、こうしたツールを活用し、防災力の向上にも努めたい」と話した。

 24年度は、「教育研修」「業界研究」「会員組織」のセグメントを構成し、支部会員の資質向上、活性化を見据えた研修・セミナー等の事業を展開していく。
 「教育研修」事業では、業界の人財育成を目的とした研修をオンライン形式で実施する。カリキュラムを5科目から7科目に増やし、受講対象を指導・育成を行なう若手・中堅社員にも拡大。知識の習得のみならず、コミュニケーションにも重点を置いたカリキュラムを用意するなどバージョンアップを図る。
 「業界研究」事業については、東京都居住支援協議会への参画を継続。住宅確保要配慮者を対象とした「東京ささエール住宅」の登録を推進する。また、東京都主催の賃貸型応急住宅供与訓練に参画するなど、行政との連携を通じた災害対策を強化。発災時の応急対応について、「防災マニュアル」を会員に普及・啓発し、業界全体の防災リテラシー向上につなげる。
 「会員組織」事業では、正会員・特別会員間の交流を目的とした機会を創出し、会員同士のつながりを強化していく計画。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

住宅セーフティネット

住宅を確保するのが困難な者に対してその居住を支援するしくみをいう。 その対象となるのは、低額所得者、被災者、高齢者、障害者、子供を育成する家庭などの住宅確保要配慮者であり、住宅確保の方法として、 1...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。