不動産ニュース / 政策・制度

2024/6/20

UR、タイ・バンコクに駐在員事務所。海外2ヵ所目

 (独)都市再生機構(UR都市機構)は20日、タイ・バンコクに駐在員事務所を開設することを発表した。豪州・シドニーに続いて海外2拠点目となる。

 UR都市機構は2018年施行の「海外インフラ展開法」に基づき、都市開発分野における日本企業の海外展開支援業務を手掛けている。近年、東南アジアでは都市鉄道整備と一体的な都市開発(TOD)が注目。UR都市機構は「虎ノ門」や「梅田」など国内180地区約2万2,000haのTODプロジェクトを実施してきたノウハウを生かして、海外でのTODを支援していく。

 タイに駐在員を置くことで今後、現地政府や民間企業との関係深化、現地での情報収集強化に努めていく。都市開発分野への日本企業の参入支援と、日本の持つノウハウの提供を行ない、現地の都市環境改善に貢献する。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

都市再生機構

都市基盤整備公団と地域振興整備公団の地方都市開発整備部門を合併・改組して、「独立行政法人都市再生機構法」にもとづき2004(平成16)年7月に設立された独立行政法人。 その主要な業務は、大都市および...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。