不動産ニュース / 開発・分譲

2024/6/24

滋賀・米原駅周辺のまちづくりに参加/スターツ東海

「米原駅東口周辺まちづくり事業」イメージ

 スターツ東海(株)は21日、滋賀県米原市の公募型プロポーザル「米原駅東口周辺まちづくり事業」に、協力企業として参加、基本協定を締結した。

 米原市と滋賀県は、JR「米原」駅東口前の約2.8haの公有地で、民間活力を導入した土地活用を行なうため、事業用地として一体的に活用する事業者を公募。同社は、湖北工業(株)らで構成するコンソーシアムの協力企業として参加。事業コンセプトや参加企業の建物プランニングを含めた提案書の作成など、まちづくりのコンセプトや事業計画の策定について、トータルにサポートした。
 審査の結果、同コンソーシアムが優先交渉権者に選定された。同社のPPP・PFI事業としては6件目。滋賀県では初。

 事業コンセプトは「湖畔の魅力と未来の拠点:米原イノベーション・ビレッジ」構想。雇用の創出・交流人口の拡大を図ることを目的に、複数企業の拠点を誘致する。また、若い世代の移住・定住を促進することで地域の活気と魅力を高めるため、分譲マンション開発や商業施設の誘致を行なっていく。

 開業は2025年夏頃の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

開発計画

狭義には開発許可の申請に当たって必要となる計画を、広義には不動産開発事業の計画をいう。不動産開発事業を行なおうとする場合には、都市計画法による開発許可を得なければならない。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。