記者の目 / その他

2021/5/10

歴史的建造物をワークスペースに

 コロナ禍で働き方改革が加速したこと等によりオフィスニーズが多様化。それに対応する形で、ホテル等、従来は仕事場ではなかったスペースをテレワークスペースとして提供する、郊外型商業施設に職住近接のサテライトオフィスを設置するなど、各社からさまざまな提案が登場している。そんな中、(株)竹中工務店とグッドルーム(株)は、協働して登録有形文化財である歴史的建造物をシェアオフィス空間として再生。 “わざわざ足を運ぶ価値のある空間”として、歴史ある建物でのワークスタイルを提案する。

◆建物の風合いを再現しながら快適性も確保

 歴史的建造物を“魅力的なオフィス”として提案するためには、建物の持つ歴史的風合いと、現代に通用する快適性・安全性を両立させることが必要となる。

 今回再生した「堀ビル」は、築89年。外観のテラコッタのスクラッチタイルが特長的な地域のランドマーク的存在のビルだが、経年劣化による剥落防止のためにかけられていたネットが、その美観を損ねていた。そこで、まず、ドローンやAIを用いてタイルや装飾に用いられている石の状態の調査を行ない、ピンで固定し剥落防止処置を施すことで安全性を確保。ネックとなっていたネットを取り除けるようにした。合わせて、1階のショーウィンドウの内側につくられていた目隠しの壁を撤去し、窓のデザインが引き立つようにもした。

1932年築・鉄筋コンクリート造地上5階地下1階建て。敷地面積196平方メートル、延床面積875平方メートル。新橋駅(東京都港区)にほど近い外堀通りの交差点角地に面しており、テラコッタタイルで覆われたアールの付いた外観が目を引く
1階の内側の目隠しの壁を撤去し、“大きな窓”を引き立たせた。水平に連続する窓をはじめ、独特の意匠が評価され、98年に国の登録有形文化財に登録されている

 同ビルは、従前、鍵や錠前などの建築金物の製造販売を手掛ける商店のオフィス兼住居として用いられていた。そうした間取等を生かし、地下1階をミーティングルームとオフィス、およびソロワークスペース(予定)に。1階には交流の場となるラウンジ・カフェを設置。2~5階はオフィススペースとし、2・3名用~10名用まで全20室の個室(面積12.46~55.83平方メートル)を設けた。屋上にはテラスも設置している。

屋上にはテラスを設置。対面のビルは、建築の際、堀ビルに合わせてアールをつけたつくりにしたのだという

 事前に耐震診断を行なったところ、一定方向の地震力に弱いことが判明していたことから、1階を耐震補強。モダンな雰囲気を阻害しない蝶々形のブロックを積み上げる工法を採用し、意匠に影響のない場所に耐震壁を設けた。

従前の1階の様子(写真:田中克昌氏)
リノベーション後の1階ラウンジ
意匠に影響のない箇所に、蝶々形のブロックを積み上げる工法で耐震壁を築いている

 ビル内部の意匠についても、レトロ感のある木のドアや階段の手すりなど、オーナーがこだわりをもってコストをかけてつくった建具や設備、意匠はなるべく残すように配慮。必要な場合は、経年の風合いを再現する方向で改修や再塗装を施した。一方、前述の1階の窓の目隠し壁のように、これまでの約90年の間に改修・改築を重ねてきた箇所は、オリジナルの設計や意匠に戻すようにした。

作り付けの造作、もともとの建具などを生かしたオフィス室内
南イタリアをイメージして窓につけられた木扉
室内の雰囲気に合うよう壁を塗装した個室も
レトロ感のある1階床面のモザイクタイルや木の扉(写真右)などは経年の風合いを再現する形で残した
従前は精密機器があったため、潜水艦などで使用される重厚な扉が用いられていた部屋。扉はそのままオフィスで使用
従前は工房だった地下1階の一部は、あえてコンクリート床をそのままにしたフリースペースに

 快適性の確保のため、全室の空調・電気設備を刷新し、コロナ禍で換気設備も新設。そうした際も、外壁等の意匠をなるべく損ねない方法を検討。大通り側に位置する居室の空調・電気の配管配線については、廊下天井をルートとして計画し、廊下の壁面に使われていた金属パネル等を天井の意匠に再利用するなど、設備が露出しない工夫を採り入れた。

従前の居室、天井に配管配線がむき出しになっている(写真:田中克昌氏)
リノベ後。居室の配管配線などは極力目につかないルートをとるようにした(写真:田中克昌氏)
廊下天井を空調・電気の配管配線ルートとして計画。壁の意匠として使われていた金属パネルを目隠しとして再利用している

◆昭和初期の建物で、新時代の技術・サービス開発を

 スタートアップの集積に力を入れる港区、再開発が進む新橋というエリア特性に合わせ、経年の歴史を訴求するビルでありながら、建築・空間に特化した新しい技術・サービス開発を打ち出すオープンイノベーション施設とすることに。元オーナー家族の住居兼用で、伝統的町屋の要素を持つ和室など、より細部にこだわりをもってつくられていた4階を、大手企業とベンチャーをつなぐ共創空間としてリノベ―ションした。

従前の和室の様子(写真:田中克昌氏)
へぎ板を互い違いにくぐらせて編んだ網代張り天井など、従前の素材を内装に生かしたオフィス空間(4階)
和室を雰囲気のある待合室に
寝室の暖炉や洋室のマントルピース(左)も、室内インテリアのアクセントに
こもり感のある元浴室も、個室オフィスとして活用(奥のソファは従前のバスタブ)
キッチンはミーティングルームに

 今後は、ベンチャー企業の参加を促しながら、竹中工務店も自ら入居し、人流データの計測等、さまざまな最新技術を取り入れた実証実験も行なっていく予定だという。(※なお、同ビルは、竹中工務店の歴史的建築物の保存再生を手掛ける「レガシー活用事業」としても位置づけられている。レガシー活用事業については『月刊不動産流通2021年5月号(ここに注目)』で取材)。 

◆◆◆
 築約90年の歴史ある建物から、オープンイノベーションで最新の技術・サービスが生まれれば、話題性もある。そうしたことも狙いの一つか。実際に内覧してみて、装飾性の高い金属パネルに木の扉、階段の手すり等々、西洋の要素と、伝統的町屋風の和の要素が融合したレトロな設えに魅力を感じる層は確実にいるだろうと感じた。興味深いオフィスリノベ事例として、また歴史的建造物の先進的な活用例としても、同ビルの今後に期待したい(meo)

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。